地味で派手なありの内包のこの3モデルの小さい3針の腕時計はあなたは持ちに値します

時、分針ひとつの共有するのは少し丸くて、秒針を1つの独立した小さい円盤に創立して、単独で秒針の運行を表示して、これは小さい3針の腕時計です。小さい3針も短い3針、2針半を言って、しかし簡単に細部の自信に対して設計しますが、それぞれの小さい局部と装飾、すべて周到に熟考しなければなりません。工事上で更にセイコーの密偵を求めて、大の3針に比べて更に学問があり上品な勢力のある人の味を現します。続いて推薦する3モデルの小さい3針の腕時計、私達に事細かなのがそれらの米を下へ味わいに来ます。

【ブレゲCLASSIQUE5140シリーズの5140BB/12/9W6腕時計】

ブレゲはみんながいつも皇室を思い付きに言及して、ブレゲとヨーロッパ皇室の名高い人たちの間は源がもとからあります。そのCLASSIQUEシリーズの細かくて薄い表す殻、はっきりしていて優雅な数字、線形のポインターと“パリのくぎの紋様”の時計の文字盤をまっすぐにして人をおぼれさせるの。このブレゲのクラシックのシリーズの腕時計のその簡単な設計は人に一目ぼれをさせて、10.8ミリメートルのの細かくて薄い表すのは殻の上でブレゲの元素を満たして、魚の眼の針、貨幣の紋様の応用はその特徴に非常に明らかにならせます。時計の文字盤はパリを採用して紋様を打って飾って、黒色のブレゲの数字によく合うのが更に現す精致で、青い魚の眼の針の目に入ったのはまたたく間に人の勇気がある時間の入り組む錯覚を譲ります。まるでナポレオンの時代のフランスに帰って、立派で堂々としていて優雅に静謐です。

【バセロン・コンスタンチンTRADITIONNELLEシリーズの82172/000G-9383腕時計】

バセロン・コンスタンチンのはシリーズの腕時計を伝承して、見る中に規則の中でおきて、しかしシリーズを伝承してバセロン・コンスタンチンの最も独特なDNAを融合しました。この腕時計の18kプラチナの38ミリメートルは殻を表して、全体設計はてきぱきとたいへん引きつけて、同時に超薄の表す殻の厚さ、7.9ミリメートルだけ、それ紙切れのようだ普通にそっと手首の上でで舞い落ちます。剣の形の時計の針、分針が線形のによく合って埋め込みして貼る時表示して、読む時はっきりしていて明瞭で、小さい秒の皿は時計の文字盤の6時の位置に位置します。

【パテック・フィリップCalatravaシリーズの5119G-001腕時計】

パテック・フィリップCalatravaシリーズの5119のの“パリのくぎの紋様”はパテック・フィリップかねてから最も有名な何人かの設計の特徴の中の一つであるはずです。18kプラチナの36ミリメートルの時計の文字盤、表してテープ装てんを閉じ込める“パリのくぎの紋様”が図案を彫刻するのがいて、とても美しいです。簡単な白い漆の時計の文字盤、黒色のローマ数字の時に表示して、黒色の細長い柳葉のポインター、はっきりしていて上品で美しくて、同様に小さい秒の皿は6時の人に位置します。

要するに、1本のすばらしい“小さい3の針”の腕時計、そのシンボル的だまたすばらしい外観の造型、各方面からすべてつける者のに現れ出て風格を味わうことができます。シンプルなクラシックは永遠に越えることはでき(ありえ)なくて、しかも正装によく合うのがとても美しいです。もしもあなたがひとつのがクラシック、が好きなので流行っているに対してそんなに敏感な人ではなくて、1本の“小さい3の針”の腕時計を選ぶのは絶対的で間違いないです。