ロレックスGMT-MasterII“ペプシコーラ”は隕石の時計の文字盤

ロレックスGMT―MasterII“ペプシコーラ”は隕石の時計の文字盤(Refを配合します.126719BLRO)

これは第1匹の採用の隕石の材質のロレックスGMTです。小道の40mm*12.4mmを表して、プラチナの殻、陶磁器の小屋、時計の文字盤は隕石のから(聞くところによるとすでに億年歴史があった)を製造して、3285チップを搭載して、動いて70時間蓄えます。

おもしろくてのブルガリコピー、これはロレックスが初めて隕石で腕時計をしたのではありません。導いて持って、DD、DJと利の尼を切ってすべて隕石を使ったことがありを通して、利の尼を切ってまた(まだ)隕石を使って1つの月相をしました。筆者は隕石+月相の組み合わせを感じて、まるで宇宙の中の2人の見知らぬ他人は地球の上で偶然めぐり会って、本当に言葉で言い表せません。

普通な隕石の色合いはすべて比較的ひそかに沈んで、しかしこのロレックスの盤面はきらきらと光って、甚だしきに至っては明るい銀色の感があって、普通な隕石皿がたくさんありとと違い、予想するのは作っていて過程でロジウムをめっきしたのです。このような色合いは活発な赤い青のコーラの小屋によく合って、非常に適切です。