ジャークの独ルーマニアのアイボリーの大きい見える火のエナメルの月相

まずアイボリーの大きい見える火のエナメルの月相(The Eclipse Ivory Enamel)で、“Grand Feu”の大きい見える火のエナメルのこの誕生の時間のやみ夜にのブランドの特別な技術、職人の極度にとを集中するのが円熟の域の精密で正確なのが掌握する、これらが鋳造のこの色と筋模様のすべてただ1つの時計の文字盤に対してにとって極めて重要なように求めます。この立派なものが多くて見きれない“白紙”の上で、赤い金で8粒の(ジャークの独ルーマニアのめでたい数字の)星を彫り刻んでと明月を曲げますと。源を発して18世紀の設計の霊感弁舌に啓蒙の時期から芸術の偏愛を飾りに対してブランドの源を言い出しましたと。やみ夜の中に精巧で美しい星は1枚の白色のオニックスの彫り刻む空中に垂れる糸の調節器の後ろでかすかにわかって、ちくちく続いて絶えない詩情を月相の表示する一回の変換にあげます。

アイボリーの大きい見える火のエナメルの月相

The Eclipse Ivory Enamel,J012633203

白色の“GrandeFeu”の大きい見える火のエナメルの時計の文字盤

18K赤い金は装飾を埋め込みするのと殻を表します

自動的に鎖のチップに行きます

68時間の動力は貯蓄します

中央の時計の針と分針

12時位置は月に週窓口を設けます

6時位置の月相は皿を表示します

直径の43ミリメートル