エルメスArceauCasaqueは漆の芸術の腕時計を書きます

Henri d’Orignyが1978年にArceau腕時計を創造する時、彼は改めて円形の腕時計の美学設計の元素を演繹しました。 彼は円形の腕時計を伝統のクラシックの規則の期限の中から放出するのを望んで、そこで、彼は円形を殻に表してアシンメトリーの表す耳を結び付けて、その上耳の設計の霊感を表してまた(まだ)あぶみの造型に源を発します。

40年後の今日、この伝奇的なストーリは美しいページを引き続き展開しました。 ArceauCasaqueの表す殻はメリーゴーランドに変化して、時計の文字盤は馬の蹄を印刷してあって沙面の残した曲線の軌道を踏んだことがありに現れ出ます。 この背景の上でまた「Cavale」図案を描き出します。 時計の文字盤の制作技術は結び付けた内に技術、漆の面を埋めておよび、移して技巧を印刷します。

先に時計の文字盤の基礎でへこんでワシを刻んで彫刻を行って、それからへこんでいるに所を刻んで漆を埋めます。 移して技術の作ったの色調の霧面人の字の紋様の図案を印刷するのをと運用して、この色のスーパーコピー時計N級あでやかな全体の構図のために画竜点睛の1筆を持ってきます。 これらの色の鮮やかで美しい設計、人に子供の時間の馬の棋ゲーム(フランスの子供のゲーム)をしのび始めさせます。 黄色で、赤くて、緑で、青くて、誰がこの時間の競技の中で先を争って終点の綿サージに到着することができますか?