カルティエの新型はずば抜けた技術と革新する結合を発売します

カルティエの2018新型は発売して、傑作に続きます。2018年にカルティエの腕時計はまた新しい成員を増やして、新型は精密で入念な製作の手法に続いて、ずば抜けた技術と革新する結合です。

2018年のジュネーブの時計展の初めに従って、それぞれ大きい腕時計のブランドは続々と自分のブランドの意図のを展示して行います。カルティエは2018年にブランドのすばらしい腕時計のためにうわべだけを変えて、観衆のためにカルティエのチーターの腕時計の新作が現れる、Cartier Libreシリーズの腕時計、Santos de Cartierシリーズの腕時計の新作。

カルティエはずっと豪華でシンプルな結合を力を尽くして、製造する腕時計ごとにはすべて革新して絶えず改善する結合の品物を突破するのです。この新しいチーターの腕時計は砂で創作のインスピレーションとして抜かして、時計の文字盤の上の9百の金珠は時計の文字盤の回転に従って、次第にそれからチーターの図案が再度次第に消えてなくなりを現します。この新しい工夫をこらした設計は砂が抜かすように、人々に似ていて時間の経過を展示して、時間の経過を具体化します。

この最新のチーターの腕時計の時計の文字盤の直径の37ミリメートル、カルティエを搭載して手動で鎖の機械のチップに行って、同時に緑の漆の時計の文字盤に赤い漆の時計の文字盤とそれぞれ百匹制限するように出します。その他にカルティエはまた(まだ)更に派手な2周、3周の時計の鎖のデザインの腕時計を出して、この腕時計の時計の文字盤の周囲はダイヤモンドを象眼しています。

この髑髏の神秘の両陀はずみ車の腕時計は2013年SIHHの上で展示するRotonde神秘の両陀はずみ車の腕時計を基礎として改造します。殻の幅の45ミリメートルを表して、しかしプラチナの金版しかありません。あれらのダイヤモンドが好きな人にとって、その他に2つのバージョンがまだあって、1モデルはダイヤ付きの時計の小屋を象眼するので、もう一つのブランド時計コピーモデルは殻を表してダイヤモンドを象眼したのです。

腕時計の構造をやり遂げることができる骨格化は非常に貴重でで、骨格化は美学と科学技術の完璧な結合で、ずば抜けた技芸の最も良い体現もです。

これはカルティエの神秘的な腕時計の昼夜のモデルで、時計の文字盤の直径の40ミリメートル、殻を表してプラチナ或いはバラの金の材質を採用します。時計の文字盤は分けて2つ一部を上り下りして、時計の文字盤の前半部分は昼夜の交替するのに従って、月とのと違い太陽図案が現れます。