グランドセイコーが切り拓くニューフロンティア

開発を担当したセイコーウオッチの江頭康平氏はその狙いを次のように語る。「世界中でもっとグランドセイコーのファンを増やしていくために、ブランド哲学を守りながらも、デザインを拡張していく必要性を感じていました。そのひとつの答えが本作です」。つまり、今までのグランドセイコー(以下GS)とは違うイメージを持[……]

Read more

THE ART OF TRAVEL 旅をアートへと昇華するブレゲ「クラシック オー ラ・ムンディ」

金属のプレートにパターン装飾を彫金するギヨシェは、古代ギリシャの遺物に、その始まりが見いだせる。専用のマシンの発明も古く、16世紀にはヨーロッパ各地で手動旋盤が用いられていた。イギリス人時計師との交流が深かったブレゲ創業者のアブラアン-ルイ・ブレゲは、ロンドンへの旅行中に、家具の金具に施されたギヨシ[……]

Read more

[アイコニックピースの肖像 34] ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ

1974年をピークとして、スイス製時計の売り上げは急減した。これに対して各社は、SS製のスポーツウォッチで、新市場の開拓を狙った。代表作はパテック フィリップの「ノーチラス」(76年)、オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク」(72年)、そしてヴァシュロン・コンスタンタンの「222」(77年)である。[……]

Read more