日本の時計業は百数年の発展を経てすでに精密な制造業と合併して

スイス、ドイツにとって、石英の時計の発展は“石英の危機”と称させられて、日系の3人の傑にとって、石英の時計と電子時計は“石英の革命”で、1970年代から、日系の3人の傑は皆石英の時計、電子時計を重要な発展方向として、だんだん時、衛星に対して時、太陽エネルギー、人の動電気エネルギーなどの全世界のリード[……]

Read more

表す生産区の問題をも言います

近日我が国の時計界の有名な学者の劉興力先生は私達の腕時計の時代の特約評論員の顧江先生の“真夜中の表情”の番組に参加する時スイス名の表す四大生産区の概念を出します。劉先生のこの論断およびに対してを通じて(通って)資料の学習に関連していて、このでいくつか帰納して名に関して生産区と対応する有名なブランドの[……]

Read more

腕時計の内部の構造

ドイツは最も著しい以下のいくつ(か)の特色の元素を表します:ドイツの銀の材質、黄金のスリーブ、ガチョウの首は微調整します、3/4添え板、格拉蘇蒂の紋様、手作業の彫りの添え板。具体的に言って、スイスのチップの黄銅と比較して、ドイツの銀はドイツの特産物で、資源が豊富で、そこでドイツの特色を更に備えます。[……]

Read more